ザ・パックのあゆみ

行動規範

経営方針

当社グループは、「人を大切にし、人を育てる経営」を指針に、「どのような環境の変化にも対応し得る経営体質」を目指し、また地球環境問題への取組みなど、社会的責任を念頭に置きつつ、包装の総合企業体として社会の発展と繁栄に貢献し、業績の向上に努めます。

ザ・パックグループ行動規範

1.目的

ザ・パックグループ行動規範は、ザ・パックグループがその企業活動において、法令を遵守し社会の良識に従うことにより健全な発展を成すために、ザ・パックグループの役員および社員が守るべき行動や判断の基準となる原則を定めるものです。

2.定義

本規範における用語の定義は、以下のとおりとします。

(1)「ザ・パックグループ」とは、ザ・パック株式会社および連結子会社をいいます。

(2)「役員および社員」とは、ザ・パックグループ各社の取締役、監査役、執行役員、相談役、顧問および従業員(正社員、継続雇用社員、契約社員、派遣社員、パートタイマー、アルバイトを含む)をいいます。

3.基本

(1)法令の遵守
ザ・パックグループは、企業は社会の一員であるという責任のもと、内外の法令を遵守し、社会の良識に従って事業活動を行います。

 ・ 事業活動を行うにあたって必要な許認可の取得や届出を適切に行ないます。

 ・ 適用される法令とその内容および改廃を把握し、社内や取引において違法行為が行われないよう確認します。

 ・ 違法の事実やその疑いが発覚した場合には、速やかに是正すると共に、再発防止の対策をとります。

 ・ 必要に応じて、通達の発信や役員および社員に教育活動を行ない、社内への浸透を図ります。

(2)人権の尊重と擁護
ザ・パックグループは、社内外を問わず、人権を尊重した経営を行います。

 ・ 雇用および処遇において、人種・国籍・宗教・性別・年齢・障害の有無などによる差別を排除し機会の均等を図ります。

 ・ 児童労働や強制労働を行なわず、暴力・ハラスメント・いじめ・精神的虐待等が起こらない仕組みつくり、その管理システムの充実を図ります。

 ・ 労働環境や賃金水準等の労使間協議を実現する手段としての従業員の団結権を尊重します。

 ・ ワークライフバランスを推進し、役員および社員が個々の持てる能力を十分に発揮できる制度、またその能力開発を支援する制度の充実を図ります。

 ・ 安全で働きやすい職場環境を整え、従業員等の健康推進を図ります。

(3)環境への貢献
ザ・パックグループは、世界共通の課題である地球環境保護に対して、企業としての責任を積極的に果たします。

 ・ 当社環境理念に基づいて策定された環境基本方針に従い事業活動を推進します。

 ・ 環境目標を数値化し、活動による結果を公開します。

 ・ 独自の森林保全活動を行う基金を設けて、顧客、NPO法人、行政、地元の方々との協働で活動を推進します。

(4)社会貢献
ザ・パックグループは、企業の社会的責任と役割を自覚し、社会貢献活動を積極的に行います。

 ・ 新しい包装形態、新しい包装技術の開発を推進し、包装文化の普及・発展に貢献します。

 ・ 地域社会の一員として、周辺地域との良好なコミュニケーションを構築するための活動を継続・推進します。

 ・ 従業員等のボランティア活動を支援する制度を定め活動を推進します。

4.事業活動

(1)顧客第一主義
ザ・パックグループは、顧客および消費者のニーズを把握し、社会に有用な製品とサービスを開発し、提供します。

 ・ 営業・開発・製造・物流・管理等、すべての部門において顧客および消費者の満足を得るためにノウハウを結集し、新たな価値を有する製品・サービスを開発し提供します。

 ・ 品質強化に取組み、安心、安全かつ魅力的な製品・サービスを顧客および消費者に提供します。

(2)取引先
ザ・パックグループは、原材料・商品・サービス等の取引先とは、対等・公正な取引を行います。

 ・ 取引先とは自由で公正な取引ルールを尊重し、優越的地位の濫用などの不正な取引を排除し、契約書に従った誠実な取引を行ないます。

 ・ 取引先との相互発展のため、ビジネスパートナーとしてお互いを信頼し協力し合う中で、円満な取引関係の構築・強化を図ります。

 ・ 取引先との対話を通じ品質の向上を図り、共に業界の発展・成長を目指します。

 ・ 製品・サービスの購入において、その購入先は、購買管理規程の基準により選定します。

(3)同業者間
ザ・パックグループは、競合する他社とは、独占禁止法その他の法令を遵守し、お互いの自由な企業活動を尊重して、公正で自由な競争を行います。

 ・ 同業者間における、談合・価格調整などの不正な取引は排除し、営業力・開発力・技術力を発揮することにより、公正・透明な市場競争に参加します。

 ・ 同業者の秘密を不正に利用するような行為、同業者やその製品について誹謗中傷するような行為は行いません。

(4)グループ間取引
ザ・パックグループは、ザ・パックグループ各社間における協力・取引を、社会から疑義を受けることのないように一定の節度のもとに行い、グループ全体の健全性を図ります。

 ・ グループ各社が、各々独立した一企業であることを常に相互認識し、公正な取引を行ない、透明な関係を構築します。

 ・ グループとしてのシナジーを高めるべく、グループ各社の強みを理解しあい、協力をしてグループとしての発展・成長を目指します。

(5)知的財産権
ザ・パックグループは、特許、実用新案、意匠、商標、著作権および営業秘密等の知的財産権を尊重します。

 ・ 事業活動に必要な知的財産権を積極的に取得し、活用します。

 ・ 取得した知的財産権を適正に維持・管理し、第三者による侵害に対して適切な処置を講じます。

 ・ 第三者の正当な知的財産権を尊重し、権利の侵害や不正使用を行ないません。

(6)反社会的勢力
ザ・パックグループは、反社会的な勢力や活動に対しては、これを排除し、いかなる取引や利益の供与も行いません。

 ・ 反社会的勢力による事業活動への関与を拒絶し、不当な要求を受けた場合も、毅然とした態度で要求を拒否します。

 ・ 関係団体とも連携の上、反社会的勢力の排除に取組みます。

 ・ 顧客および取引先との契約において「反社会的勢力排除」を双方の義務とします。

(7)情報管理
ザ・パックグループは、業務上知り得たザ・パックグループならびに顧客および取引先の秘密情報(以下「秘密情報」という)は厳重に管理し、これを第三者に漏洩せず、また、業務以外の目的のために使用しません。

 ・ 秘密情報は所定の手続を経てのみ開示します。

 ・ 秘密情報を不適切に利用し、会社に損害を与えるような行為、個人または第三者の利益を図るような行為は行いません。

 ・ 情報管理に関する規程に従い、秘密情報の保護に努め、適正に活用します。

 ・ 役員および社員は、入社前に知得した秘密情報を会社に開示しません。

 ・ 漏洩等への安全管理措置を講じるとともに、万一の事故においては速やかな普及・是正処置を行ないます。

(8)インサイダー取引
ザ・パックグループは、業務上知り得たザ・パックグループおよび他社のインサイダー情報について、管理を適正に行ないます。

 ・ 社外に未公表の事実、計画および情報に基づくインサイダー取引を行ないません。

 ・ 適時開示のルールを周知し、社会が必要とする会社情報を適切に開示します。

 ・ 重要情報が社外に漏洩することにより、社会に重大な影響が及ぶことを認識し、その管理に努めます。

5.内部統制

ザ・パックグループは、法令や社会の良識を遵守した意思決定および事業活動を行うために、有効かつ適切な内部管理体制を構築します。