ザ・パックのあゆみ

行動規範

経営方針

当社グループは、「人を大切にし、人を育てる経営」を指針に、「どのような環境の変化にも対応し得る経営体質」を目指し、また地球環境問題への取組みなど、社会的責任を念頭に置きつつ、包装の総合企業体として社会の発展と繁栄に貢献し、業績の向上に努めます。

ザ・パックグループ行動規範

1,目的

ザ・パックグループ行動規範は、ザ・パックグループがその企業活動において、法令を遵守し社会の良識に従うことにより健全な発展を成すために、ザ・パックグループの役員および社員が守るべき行動や判断の基準となる原則を定めるものです。

2,定義

本規範における用語の定義は、以下のとおりとします。

(1)「ザ・パックグループ」とは、ザ・パック株式会社および連結子会社をいいます。

(2)「役員および社員」とは、ザ・パックグループ各社の取締役、監査役、執行役員、相談役、顧問および従業者(正社員のほか、継続雇用社員、契約社員、派遣社員、パートタイマー、アルバイトを含む)をいいます。

3,基本

(1)法令の遵守
ザ・パックグループは、企業は社会の一員であるという責任のもと、内外の法令を遵守し、社会の良識に従って事業活動を行います。

(2)人権の尊重と擁護
ザ・パックグループは、社内外を問わず、人権を尊重した経営を行います。

(3)環境への貢献
ザ・パックグループは、世界共通の課題である地球環境保護に対する、企業としての責任を積極的にはたします。

(4)社会貢献
ザ・パックグループは、企業の社会的責任と役割を自覚し、社会貢献活動を積極的に行います。

4,事業活動

(1)顧客第一主義
ザ・パックグループは、顧客および消費者のニーズを把握し、社会に有用な製品とサービスを開発し、提供します。

(2)取引先
ザ・パックグループは、原材料・商品・サービス等の取引先とは、対等・公正な取引を行います。

(3)同業者間
ザ・パックグループは、競合する他社とは、独占禁止法その他の法令を遵守し、お互いの自由な企業活動を尊重して、公正でフェアな競争を行います。

(4)グループ間取引
ザ・パックグループは、ザ・パックグループ各社間における協力・取引を、社会から疑義を受けることのないように一定の節度のもとに行い、グループ全体の健全性を図ります。

(5)知的財産権
ザ・パックグループは、特許、実用新案、意匠、商標、著作権および営業秘密等の知的財産権を尊重します。

(6)反社会的勢力
ザ・パックグループは、反社会的な勢力や活動に対しては、これを排除し、いかなる取引や利益の供与も行いません。

(7)情報管理
ザ・パックグループは、業務上知り得たザ・パックグループならびに顧客および取引先の秘密情報は厳重に管理し、これを第三者に漏洩せず、また、業務以外の目的のために使用しません。

(8)インサイダー取引
ザ・パックグループは、業務上知り得たザ・パックグループおよび他社のインサイダー情報について、管理を適正に行ないます。

5,内部統制

ザ・パックグループは、法令や社会の良識を遵守した意思決定および事業活動を行うために、有効かつ適切な内部管理体制を構築します。