ザ・パックのあゆみ

 ザ・パックグループは「人を大切にし、人を育てる経営」を指針に、従業員と家族の健康維持・増進をはかります。
心身ともに健康でイキイキと職務に取り組み、最高のパフォーマンスを発揮する事で、労働生産性が高まり、企業の発展、さらには社会貢献につながると確信しています。

<具体的な取り組み>
・健康経営の浸透と、従業員の健康意識向上
  ⇒健康保険組合と協力し、従業員の健康維持・増進を効果的に行う(コラボヘルス)
・定期健診受診率 100%達成と維持継続
  ⇒評価制度に定期健診、二次検診受診の有無を導入
・職場における体操・ストレッチの実施
・ストレスやメンタルヘルスに対する正しい理解の浸透
・有給休暇取得の促進
・勤務時間の適正化

時代の多様な変化にともない、柔軟に取り組みます。

2017年3月1日
代表取締役社長 中尾吉計