これまで築いてきたネットワークと、培ってきた知識・経験・ノウハウを活かすことで、素材の選定から、パッケージの企画、 設計・開発、生産・納品体制(物流)の確立までトータルプロデュースしています。

お客様が抱えている課題に対し、企画プランナーの豊富な経験と、総合パッケージメーカーとしての組織力で、あらゆるジャンルから最適なパッケージをご提案しています。

企画の実現に際しては海外グループや、フランスに常駐するマーケティングリサーチ担当者など、信頼できる協力体制のもと、有益な情報を収集、お客様への情報提供と共にパッケージに反映しています。


全国26の営業拠点では、お客様の様々なご要望にお応えすべく地域密着型の営業活動を展開しています。
自社の営業マンがお客様と面談することで、お客様の求める情報を直接提供できることに加え、ご意見ご要望を伺い、パッケージの企画・開発・生産に反映しています。

包装資料館が1981年にオープン以来、ザ・パックで収集したパッケージは約10万点。
パッケージをクリエイトする商談の場として、毎日の様にザ・パックの営業マンがお客様をお連れしています。 包装資料館では国内外の過去の事例だけでなく、業界毎の市場ニーズや海外の最新情報など様々な情報をご提供しています。

ザ・パックでは合理化によるコスト削減のご提案に加え、「素材」「設計」「技術」という観点から、環境対応型の研究・開発を行っています。
また、非木材紙などの環境配慮商品の売上高の0.5%を基金として NPO法人「地球と未来の環境基金」に委託し、協働して活動している森林保護活動「ザ・パックフォレスト基金」を続けております。 品質・環境・コストの3つの課題を解決するため、お客様と共に考え、実現のために行動しています。

国内の生産拠点との連携はもちろん、全国25の営業拠点ネットワークを活用することで、供給リードタイムを最適に保ち、欠品や在庫の管理コストを削減。
必要なパッケージを必要な場所に、適時ご提供しています。